Index モーニング娘。LOVEオーディション

●特番・藤本美貴



(歌:ボーイフレンド)


ナレーション:
藤本美貴。
昨年3月にデビューを飾り、

ナレーション:
今や、トップアイドルとして
活躍している彼女。

ナレーション:
モーニング娘。入りが決定した日。
実は、こんな時だったのです。

ナレーション:
昨年のNHK紅白歌合戦、


(歌:ロマンティック浮かれモード)

ナレーション:
その先発を、華々しく飾ったのは、
記憶に、新しいところ。

ナレーション:
そう、あれは、この直後に、
彼女に伝えられたのです。

藤本:
お疲れさまでした。ふはは(笑)。
どうしましょうね。
すごい、でも何か、何だろ、本番、けっこう、ギリギリまで、けっこう冷静に、いれたんですけど。
あー、このまんま、けっこう、そこまでそこまで、思ってるほど、緊張しなくて、いいのかなーと思ってたら、やっぱり、すごい、緊張しました。(笑)
でも、楽しかったです、すごい。はい。

藤本:
お疲れさまでした。ふはは(笑)。
お疲れさまです。
つんく:
あ、お疲れした。

ナレーション:
それは、つんくPから直接、伝えられたのです。
つんく:
えー、一番トップバッター、
藤本:
はい。
つんく:
かっこ良かったやんか。
藤本:
緊張しました。

つんく:
2003年度やね、この春ぐらいからの、モーニング娘。の、えーメンバーになってもらおうかなと思って。
藤本:
え!へ、どうしてですか?

ナレーション:
驚きが隠せない藤本。

藤本:
ソロではなくなるってことですか?

つんく:
モーニング娘。の藤本美貴でありながら、
藤本美貴のソロ活動をしていく。

ナレーション:
しかし、これは、必然な出来事だったのかも、知れません。

藤本:
あー、すごい、なにそれ。
へへは(笑)。

藤本:
えー、えへへへ、そうなんですか。

ナレーション:
実は、3年前、あんなシーンに彼女はいたのです。

ナレーション:
そうです。
モーニング娘。第4期メンバーのオーディション現場。
ここに彼女は、いたのです。

藤本:
511番、藤本美貴です。

藤本:
♪楽しくて、悲しーくて

ナレーション:
歌唱力とルックスに高い評価を得ていました。
そう、もしかしたら、モーニング娘。になっていたかも知れませんでした。

ナレーション:
と言うわけで、
一足お先に6期メンバーになる、
藤本美貴、登場。

ナレーション:
彼女のモーニング娘。入りの
知られざる全貌。
告白です。

徳光:
先日、衝撃の発表以来、ま、
テレビで、こうしてモー娘。のメンバーとですね、同じステージに立ちますのは、初めてとなります。
春には、正式メンバーとなります彼女、藤本美貴さんでーす。
どーぞー。
藤本:
失礼しまーす。
徳光:
どーも、ぃや、はは。

徳光:
今、あの、自分の見てた?
藤本:
はい。
徳光:
オーディションの時の、
藤本:
ええ、えへ(笑)
徳光:
ねー、ずいぶん違うよね、雰囲気がね?
娘。:
うーん。
藤本:
そうですね。
矢口:
びっくりした。

徳光:
これだけの期間に、これだけ、輝やいちゃうわけだもんねー。
でも、やっぱりね、初めて、
藤本:
はい。
徳光:
つんくさんから言われたときは、
藤本:
はい。
徳光:
驚きだったよね。
藤本:
すーごい、びっくりしましたねー。
びっくり以外、何も考えられなくて。
でも、すごい、何か、楽しめたらいいなーと思って。はい。

徳光:
やっと、何か、こぉ、モー娘。のメンバーになれたかなって感じ?
藤本:
そうですね、3年ぐらい前にオーディション受けて、
で、落ちて、
ずっとー、レッスンとかやって、
ソロでやってて。

藤本:
そうですね、
入れるとは思ってなかったんで、
すごい、びっくりしましたね。

徳光:
でもさ、新メンバーて言うか、何か転校生って感じだよね。
娘。:
そうですねー。
矢口:
でも、今までにないパターン。
安倍:
知ってる子が新メンバーとして、加入っていうのは、なかったんで。


(紺野さん、くしゃみ。)

安倍:
新しい。
徳光:
ですよね。

徳光:
当然、彼女は、また、藤本美貴というブランドでも、
藤本:
はい。
徳光:
今後、活躍していくわけだよね。
藤本:
はい。そうですね。
徳光:
そういう意味では、あれだね、モー娘。に入ることによって、より以上に何か、パワーを貰ったりとか。

藤本:
そうですね。
パワーを貰って、
ソロでも、モーニングとしても、
頑張って行きたいと思います。

徳光:
そうですよね。
で、今度は、その新メンバーオーディションの方に目を戻すと、
これはまー、カオリも、
大変なことになってますねー。

飯田:
若っかいすよねー。
徳光:
若かいすかー。
飯田:
(笑)

徳光:
今回ですね、更に、この、えー、頭を悩ませたのは、この3人でございますけども。 じゃ、どういう風に頭を悩ませたかって言うとですね、
飯田:
はい。
徳光:
今までの、やっぱり、メンバーと、ちょっと、違うらしいんだよ。
飯田:
違うの?
娘。:
ほー。

徳光:
だからね、まあ、こういう言い方が正しいかどうか分かりませんけども、
一癖もニ癖もあった、若干、その、問題児的な要素もあったっていうことなんで、ございますけどもね。

徳光:
じゃー、一体、この子達、3人、
選ばれた3人がですね、
どういったような合宿をしたのか。

徳光:
続いては、怒涛の合宿の模様を、
ご覧ください。

2003.01.19「特番」より